スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りない愛 第24話

ジュンギはジエにこっぴどく叱られ、家を出てスミと暮らすと言い出した。そこへヒジェが別れなくてもいいとひとまずなだめる。
ジエの「親も家もない女子高生」と結婚なゎてとんでもないってゆー気持ちも分かるけどね~。なんせ長女はシングルマザーだし、長男は独身主義者だから。

ソンギはヨンヒョンの叔母たちにあれこれ質問責めにあい、だんだん婚約者として話が進められそうな予感…。

セロムは検査をしたけど異常なし。
ところが母が虫下しの薬を飲ませると、ケロッと治っちゃってご飯をパクパク。
これで終わり?それともやっぱり妊娠?

ヒミョンとユジョンはしばらく穏やかだったけど、またヒミョンがジエたちの前でケチ呼ばわりしたもんだから大激怒!
ヒミョンもわざわさジエの前で言わんでもいーのに。ただでさえプライド高いんだから。
それでイライラしてる時に、ヒョジュがブランド物のバッグを買ってるのを見つけて、形が悪いだのなんだのと文句をつける。
訳を言おうとするのを遮られたヒョジュは怒って怒鳴ってしまう…。
スポンサーサイト

限りない愛 第23話

ジュンギが結婚したい相手が女子高生だと聞いてヒジェたちは猛反対。
そこでジュンギは親戚に金を借りることに。
テギにヒギュにソンギ…。さすがにヒミョンには借りなかったわね(笑)どうせ断られるだろうし。
ただ、グムシルにまで借りたのはまずかったわね。あっさりジエに喋っちゃったし(--;)

さて、セロムは相変わらず吐き気が治まらない。ヒミョンに妊娠だとからかわれた(と思ってる) ヒギュはヒジェに泣きつく。
ヒミョンも「小銭はないよ!」とヒギュに言われたことでヒギュの店で暴れるし。どーも子供っぽい兄弟だわ~。

ソンギとヨンヒョンはヨンヒョンの母と会うんだけどソンギの両親に挨拶に行きたいと言い出し、思わぬ方向に…?
そんな時、食事会でヨンヒョンの母は自分の姉妹たちを連れてきた~。

限りない愛 第22話

セロムの具合が良くならないことをヒミョンに話すヒギュ。
それを聞いていたユジョンは何となく「妊娠じゃない?」と。
それをわざわざ言わんでもいいのにヒギュに電話すると、セロムは激怒!
さすがに被害妄想すぎるセロムに珍しく怒鳴るヒギュ。

本家に行ったセロムはジエにユジョンが妊娠じゃないかって、子供が出来ない自分をからかってるんだろうと言うと、ジエはそんなに捻くれて考えるもんじゃないと説教。
そこへユジョンが来ちゃって大喧嘩。
セロムは普段のユジョンの態度が・・・ってゆーのはまあ理解できるけど(笑)
しかしセロムは全然反省しないし、母親からグムシルに怒られたことはヒギュに黙っておけというのに、いくら大切な母親でも私のことを守ってくれるわ!って言うから、もうどうしようもないわね。
こういう人には言いたい放題言う人は、自分が言われたら過度に反応するからね~。

ソンギとヨンヒョンは付き合うことにしたけど、結婚は考えないで、冷めたら別れようとドライな付き合いに。ヨンヒョンの母親が帰国して迎えに行ったんだけど、母親はヨンヒョンの結婚相手を見繕ってる。
さて、ソンギはお眼鏡にかなってしまうのか?

ジュンギが結婚するから金をくれと言って、もしか妊娠させたのではと疑うヒジェとジエ。
それは誤解が解けたんだけど、相手が18歳と聞いてビックリしてしまう・・・。

ところで、ソヨンが捨てられた男のことを思って泣く場面があるんだけど。
ジエに「私がうるさく言うからかしら」とか「私って面倒くさいのかな」って言うの。
思わず「ウンウン、全視聴者がそう思ってるよ」ってテレビの前でうなずいてしまったわ

限りない愛 第21話

ユジョンが眠れずに台所にいるとヒョジュがやってきて。
ユジョンが母親のことを聞く。離婚した後、自殺してヒョジュ自身も父親の連れ子と暮らす羽目になって相当辛い思いをしたみたい。そのことで泣いてると、デギが勘違いしちゃってユジョンを責めちゃう。
ヒミョンの下手な芝居で何とかその場をしのいだけど、まあユジョンの今までの行動からすればしょうがない気も。でも、ユジョンとヒョジュの距離がどんどん縮まっていく感じはするなあ。

セロムが突然、吐き気をもよおして何を食べても飲んでも吐いちゃう。
仕事中のヒギュを呼び出し病院に。結局胃炎だったんだけど。
ヒギュは心の中でもしかしたら・・・?と思ったのかな。
ユジンを見て羨ましくないぞって自分を慰めてみたり。やっぱり子供欲しいんだろうな。
そんな思いで家に帰ったら、セロムがここぞとばかりに(いや、いつでもだけど)マッサージしてとかパイナップル買って来いとかワガママ放題。可愛いセロムだけど、ちょっと珍しくイライラしてるヒギュ。
前までソヨンにイライラしてたけど、最近はセロムだわね。
家事はしない、働かない、美容とか服とかばっかにお金使う・・・。ちょっと怒られたら拗ねる。
母子家庭とはいえ、ちょっとワガママ過ぎるんじゃないのかなあ。

さて、ソンギとヨンヒョンはなんだかんだでいい感じに。
ヨンヒョンに母親に会ってと言われ、だったら俺の両親にも会ってほしいと言ったら、予想外にも承諾したヨンヒョン。このまま結婚か・・・?

ジュンギはスミが行く当てがないのを気にするも、お金もないし・・・で悩みまくってる。
ホシクに相続分をくれと言ったら「金はない」とバッサリ。
そしてヒジェとジエに「結婚する!」と宣言しちゃう。

限りない愛 第20話

寮が火事になったけど、スミは怪我をした程度で助かり、ジュンギも一安心。
でも住む家がなくなったので、当面サウナ暮らし。
ジュンギは家族に友達だって言ってたから、男だと思ってたの。だからホシクまでが自分の息子だと思って面倒見ろと言ってたんだけど。女の子だと知って戸惑うヒジェたち。
ジュンギはソヨンにマンションを貸してくれないかと頼んだけど、断られる。
赤の他人とはいえ、行く当てもないのにジュンギに光熱費は払ってくれるの?って聞いたり・・・。
相変わらず厳しいわ~。

ヒョジュは「ママ作戦」に入ってから順調なようで。
ヒョジュが髪が上手く結べないと甘えてきたりするから、ユジョンも料理を落としても文句を言いつつ、許してあげたり。ユジョンはそんな自分が上手く手玉に取られてるんじゃないかとジエに相談するんだけど、ジエは善意に悪意で答えてどうするのと。実際ヒョジュも「ママ」と言える環境に喜んでるみたい。

さて、ソンギはヨンヒョンに門前払いをくらわされたことを根に持っているようで、しつこく責める。
しかし、がんにかかった友人だと知って、花に「お詫びします」と書いたカードを贈って一件落着。
そんでまたヨンヒョンの家に行ってまったりと過ごす。
このまま体だけの関係になってしまうのでしょーか・・・?

しっかし、ヒジェは結婚しろメールを自分だけじゃなく、兄弟たちにもやらせてたのね。
しまいには、なんか愛の歌みたいなものを携帯で聞かせるし。やり過ぎ~

限りない愛 第19話

ユジンの百日目のお祝い♪
親戚一同が集まってますが、セロムが冷蔵庫を開けっ放しにしているのをユジョンがたしなめるなど相変わらず。
宴もたけなわというとき、セロムの母親が酔ってホシクの顔を触ったり、チュー寸前までしたりと大失態!
セロムは恥ずかしくて泣き喚くんだけど、ホシクも他のみんなも結構寛大なのよね。
酔いが醒めた母親は「私みたいな美人にキスされたら嬉しいだろ」って豪快に笑っちゃって。
まあこーゆーサバサバした性格だから許されるんだろうね。

ソヨンは無料弁護の事務所を開いた。ジエも仕事してくれた方が嬉しいってユジンの世話をかいがいしくいて。ホシクもユジンのお祝いに300万も包んでくれて♪普段ケチだけど使うとこはパ~っと使うのよね。
これまたカッコイイわ。皆が理解してくれてソヨンは当分安泰のようね。

それとは打って変わって親から結婚しろと毎日メール責めのソンギ。
ヨンヒョンが男を家に連れてくると電話してるのを聞いて(てゆーかヨンヒョンがわざとデカイ声で話してるんだけど)また同じ手で男を口説くのかと怒るソンギ。
実は相手の男は昔の友達で、がんにかかってしまって最後にヨンヒョンに会いに来ただけなんだけど、ソンギは知らないもんだからモヤモヤ。これは完全に惚れてしまってますね~。

さて、ヒミョンの家ではヒョジュが突然、オーヤンフィフィみたいな爆発パーマをかけて帰って来た!
その理由はユジョンが垢抜けないと言ったことと、心境を変えたいというもの。
ここでヒョジュは「姑に嫌われながら生活してる嫁の方がストレスがたまる!」と思いのたけをぶつける。
そしてユジョンのことを「ママ」と呼び出した。ホントの母親と思って接するって。
甘えベタで愛嬌がないって分かってるけど、姑も突き放した言い方しかしてくれないから、疲れちゃったんだろうね~。それからユジョンはちょっと毒気が抜けてきた感じだけど・・・。

そんな時、ジュンギが働いてるコーヒーショップのバイトのスミの寮が火事になって、ジュンギは慌てて寮に向かう・・・。
プロフィール

Author:wakana
ご訪問ありがとうございます。
こちらはワタクシが韓ドラを見ながら一人で突っ込んだり口走ったことなどを綴ったお気楽極楽ブログとなっております♪
共感していただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

最新記事
カテゴリ
いらっしゃいませ♪
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。